痩身エステのドームサウナについて解説

ドームサウナ

ドームサウナを痩身メニューに設けているエステサロンも多いです。ドームサウナに入るとどんな効果があるのか気になります。
痩せられるのでしょうか?ここではそんな疑問を解決するために、ドームサウナについて調べてみました。

ドームサウナとは?

ドームサウナと聞くとサウナのようなものなのかなとだいたいは予想が付きますが、大勢の方と入るサウナとは違います。
ドームサウナは一人で入るサウナです。ドームの中に入りすっぽりと体を覆って、頭だけを出して施術を受けます。
サウナに入るときの姿勢は、座ったままでいいものと、寝転ぶもがあります。温める仕組みも普通のサウナと違い、蒸気ではなく遠赤外線で体を温めます。一度施術は20分ほどです。

ドームサウナに入るとどうなるのかが気になりますが、20分入るとカロリーを300から600カロリー消費できると言われています。
こう聞いてもピンとこないと方も多いでしょう。
300キロカロリーを女性が消費しようと思えば、1時間強ウォーキングをする必要があります。
運動もしていないのにドームサウナに20分入るだけで、これだけのカロリーを消費できるのは、なかなかの効果ではないでしょうか。

ドームサウナの本来の使い方

一度入ってもそこそこカロリーを消費できるのですが、ドームサウナは継続して体質を変えて痩せていこうというダイエットの種類になります。
汗をかいて痩せるということではなくて、体を温めて痩せていこうというのがドームサウナの本来の姿です。
人は体温が1度上がると、基礎代謝量が13%から15%上がると言われています。基礎代謝量は人が生活しているとかならず消費されるものです。
したがって、体温を上がるだけでエネルギーの消費が多くなります。この結果、同じように生活していたとしても太りにくい体になります。

ドームサウナに使われているの遠赤外線は、体の内部まで届きやすいというのが特徴です。このため、ドームサウナに入ると体を芯から温められます。
つまり、一般的なサウナよりもより体を暖められるのがドームサウナです。

美容とデトックス

ドームサウナに入ると、血行が促進されます。血液やリンパの流れがスムーズになると、新陳代謝も高まるため、ターンオーバーの正常化され肌にも良い影響を及ぼすようです。
体を温めると汗をかきますが、遠赤外線に当たると汗腺以外に皮脂腺からも汗が出て皮脂腺に溜まっている有害物質も排出され、デットクスも期待できます。

ほかの施術と合わせる

ドームサウナに入ると体が温まり脂肪が燃焼しやすい状態になるので、施術の前に入ると効果が上がるとされています。
ハンドエステやマシンの施術を受ける前にドームサウナに入っていると、より効果を高められるでしょう。現在エステに通っている方はドームサウナをメニューに加えてみてもいいかもしれません。

ドームサウナの良いところ

遠赤外線と聞けば岩盤浴も確かにあります。しかし、岩盤浴は大勢の方と入るため、温度調整が自由にできません。この点ドームサウナなら、温度は自分に合わせられます。
暑いのが苦手な方は少し低めの温度設定するといったこともできるでしょう。このあたりもドームサウナの良いところではないでしょうか。
ドームサウナは頭を出して入るのでのぼせることも少ないです。サウナのように暑い空間に入って、体全体を暖めるのとは違います。
湿度が高い空間の空気を吸うこともないので、息苦しさも感じづらいはずです

ダイエットしたいので、エステの痩身メニューが気になっているといった方は、ドームサウナの施術を受けてみるのもいいかもしれません。
エステサロンでは初回は無料や低料金のところもあるので、気になる方は体験してみてください。

痩身エステ「ヴィトゥレ」の選べる施術内容とは

SNSでもご購読できます。